今年の主な品種状況のまとめ。。。

2021年の摘み取りが、閉園しましたので今年の

品種のまとめを簡単に。。。


良かった品種:6月はトワイライト。とても大粒でお客さまも

驚いてました。味も酸味と甘みのバランスが良くとても美味しかったです。

7月はタイタン。雨が続いた時は、なかなか完熟せず心配しましたが

完熟した時の美味しさは抜群、大粒ですし「あっ!」という間に

食べつくされてしまいました。

8月はラヒ。とてもジューシーで夏の暑い時でも一口食べると

お口の中に広がる甘みはとても美味しいです。


その他では、ミスティ、ガップトン、ジュエル、パウダーブルー、ディソット、スージーブルー、プレミア、ブライトウェルは期待とおりの出来だったかな。。。


いまいち品種:6月はユーリカ。4月の寒の戻りのせいか受粉できずに

実が少なく残念!とても期待していたのに。。。

7月はチャンドラー。特大品種で期待していましたが、こちらも

実成りが悪く、やっと実になってもとても小粒。

8月はメンデェイト。とにかく小粒で、収穫量も少なめ。


その他は、オニール、ブルークリスプ、モンゴメリー、マルは

ちょっと残念な結果に。。。


また、来年には新しい品種もお目見えできると

思いますので楽しみ。。。

これから来年に向けて、剪定、追肥作業になります。

花芽の充実に向けて、やることいっぱいです。。。




閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示